安心・安全な江田島にんにく

 

土壌づくり、殺菌・防虫、草むしり、収穫、すべて無農薬で手作業。

地中海の気候に似た瀬戸内の島だからこそできる、ヨーロッパで人気の品種「金郷ニンニク」。
「安心・安全」な有機栽培(オーガニック)にこだわり、手間ひまをかけ、愛情をたっぷり注いだ、希少な「江田島にんにく」です。

有機JASニンニク(SOAA 18A-0002)


瀬戸内の豊かな気候の中、とことん有機栽培・オーガニックにこだわり、有機栽培JASの認定を受けた「広島県産江田島にんにく」です。(SOAA 18A-0002)


こだわりの有機栽培。とことん自然派

太陽熱と竹酢液で土壌を殺菌


1年を通じて晴れの日の多い瀬戸内ならではの気候を活かした太陽熱と、島で伐採した竹から作られた竹酢液。あくまでも天然のものを使い、土壌を殺菌します。 

牡蠣殻、小魚での土壌づくり


島の特産の牡蠣の殻を漁師さんから頂き、自社で牡蠣殻を活性水で7日間塩抜きをします。その後、天日干しをして粉砕したものを畑に撒きます。さらに、島で獲れた小魚(小いわし)を畑に混ぜて、土地を元気にします。 

米ぬかと竹炭で肥沃な土地に


ニンニクを植えた後、土壌に広島県産の米ぬか、島の竹炭を畑にいれて土地を肥沃にしています。

化学肥料は使用せず、天然由来のものにこだわっています。


竹酢で殺菌・防虫、手作業での草むしり


農薬や防虫剤は使用せず、竹酢を月に1度散布することで防虫しています。また除草剤は使用せず、日々、こつこつと手作業で草むしりをしています。

どこまでも有機栽培、自然栽培にこだわり、昔ながらの作業です。


芽やつぼみを収穫、出荷


5月になると、ニンニクの芽やつぼみを収穫します。日本国内のニンニク農家では、通常は農薬を使用するので芽やつぼみは出荷しませんが、当社では無農薬・有機栽培なので、芽やつぼみも食用として出荷されます。 

 


ひとつひとつ丁寧に収穫


5月末~、いよいよ収穫の時となりました。ひとつひとつ丁寧にニンニクを収穫します。
土の中から現れるその美しい姿に、いつも惚れ惚れします。

 

 

 


今年のニンニクは、抜群!


今年のニンニクは、非常に良い出来です。しっかり育って栄養価も満点。
「エエにんにくが獲れたんよ。オススメじゃけん。」


広島県産江田島にんにく


江田島にんにく(有機JASニンニク)

 

広島県江田島産の希少な有機JAS認定ニンニクです。
サイズ表記:SS/S/MS/M/ML/L/1.5L/2L(5mmピッチ)


ニンニクの芽・つぼみ

 

国産のものは希少なニンニクの芽、店頭で見かけることはほとんどないニンニクのつぼみ。無農薬だからこそ、安心して食べられます。



その他に、ニンニクチップやオリーブガーリックオイルなどの商品もご用意しています。